19:22 2021年09月17日
米国
短縮 URL
0 111
でフォローする

サイトAxiosがIpsos社と共同で実施した世論調査によると、新型コロナウイルスワクチンの接種を受けた米国人は、国内の新型コロナ感染者の増加と新たな変異株の感染拡大について、トランプ前米大統領や保守系メディア、ワクチン未接種者を非難している。

調査には、18歳以上の米国人999人が参加した

調査では、新型コロナの感染者増加と変異株感染拡大の責任は誰にあると思うかを尋ねた(選択回答形式)。

新型コロナウイルスワクチンの接種を受けた米国人の35.7%が、米国でのコロナ感染者増加の責任はトランプ前大統領にあると回答した。またワクチン接種を受けた回答者の33.4%が保守系メディア、78.6%が米国に住むワクチン未接種者に責任があると答えた。

なお、バイデン現米大統領に責任があると回答した人は、11.5%だった。

なお、ワクチン未接種の米国人の3分の1超(36.9%)は、コロナウイルス感染拡大の責任は、米国を訪れた外国人観光客にあると考えている。

関連ニュース

タグ
新型コロナウイルス, ドナルド・トランプ, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント