01:39 2019年03月22日

父親のマイケル・シャーウッドさんと息子のカイル・シャーウッドさんは、大切な人を亡くした人たちのために、遺体からタトゥーを切り取り、タトゥーが時間の経過と共に悪化しないように加工、保存するビジネスを始めた。

スプートニク日本

両氏は、皮膚もいたまず、タトゥーも変色しないようにするための秘密の方法を編み出した。
現在、年間およそ100件の依頼があるという。価格は18万円から。
タトゥーは、インテリアの一部として飾ることができるよう、額縁に入れられる。ただ顔や性器のタトゥーは切り取らないという規則がある。

関連ニュース

日本人の9歳の少女がタトゥー職人になり、鳥からインスピレーションを得る

タグ
動画, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント

ビデオをもっと見る

  • 3D寿司? 足りない栄養を簡単に手に入れる手段
    アップデート: 2019年03月11日 20:47
    2019年03月11日 20:47

    3D寿司? 足りない栄養を簡単に手に入れる手段

    電通グループが米オースティンで開かれたフェスティバル「South By Southwest」で3Dプリント寿司を披露した。来年にも東京では、客1人1人が求める栄養や素材に応じて特別に食事が作られる新コンセプトのレストランが開店予定だ。

  • 駆ける馬の大群を見ようと数百人の観光客が中国北西部へ
    アップデート: 2019年03月07日 22:27
    2019年03月07日 22:27

    駆ける馬の大群を見ようと数百人の観光客が中国北西部へ

    雪原を駆ける馬の大群を観に、数百人の観光客が中国北西部の新疆ウイグル自治区イリカザフ自治州のモンゴルキュレ県を訪れる。馬が「ウォーミングアップ」するため、平原を走らせる伝統になっている。

  • 氷上の試練 スウェーデン人女性、バイカル湖を徒歩で縦断
    アップデート: 2019年03月01日 21:37
    2019年03月01日 21:37

    氷上の試練 スウェーデン人女性、バイカル湖を徒歩で縦断

    ノルウェーに住むスウェーデン出身のジーナ・ヨハンセンさん(27)は凍った露バイカル湖を縦断した。古くからシベリア山中で水をたたえるバイカル湖は世界一大きな湖だと考えられている。旅行家のヨハンセンさんが旅に出たのは、慣れ親しんだ日常から離れて他の女性たちを鼓舞しようとしたのが理由だ。

  • 「雪犬」カムチャツカ半島で子ども犬ぞりレースが開催
    アップデート: 2019年02月27日 20:00
    2019年02月27日 20:00

    「雪犬」カムチャツカ半島で子ども犬ぞりレースが開催

    ロシア・カムチャツカ半島で子供による犬ぞりレースが開催された。優勝者にはハスキーの子犬が贈られる。これは、若き選手がマイナス29度の極寒を乗り越えて優勝するモチベーションになるだろうか?