03:23 2019年06月21日

父親のマイケル・シャーウッドさんと息子のカイル・シャーウッドさんは、大切な人を亡くした人たちのために、遺体からタトゥーを切り取り、タトゥーが時間の経過と共に悪化しないように加工、保存するビジネスを始めた。

スプートニク日本

両氏は、皮膚もいたまず、タトゥーも変色しないようにするための秘密の方法を編み出した。
現在、年間およそ100件の依頼があるという。価格は18万円から。
タトゥーは、インテリアの一部として飾ることができるよう、額縁に入れられる。ただ顔や性器のタトゥーは切り取らないという規則がある。

関連ニュース

日本人の9歳の少女がタトゥー職人になり、鳥からインスピレーションを得る

タグ
動画, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント

ビデオをもっと見る