05:22 2018年07月17日
米国議会、ロシアに対抗して中距離ミサイル配備を検討

米国議会、ロシアに対抗して中距離ミサイル配備を検討

© AP Photo / Czarek Sokolowski
国際
短縮 URL
3017

米議会下院の軍事委員会は、中距離ミサイルの配備を検討している。ロシアの「中距離核戦力全廃条約」(INF)違反に対する措置だという。ジョン・ガラメンディ氏が述べた。

「ロシアはINF条約に違反している」とガラメンディ氏。 「今我々は防御メカニズムを整えており、米国による中距離ミサイル建造について議論も行っている」。

先に米国は射程500~5500キロの陸上弾道ミサイルや巡航ミサイルの保有を禁ずる1987年の INF条約にロシアが違反したとしてロシアを非難した。ロシアは、米国の批判は根拠がないとし、同時に、ロシア側にも米国側の協定違反に関する独自の主張がある、と述べた。

関連:

ラヴロフ外相、米国はアレッポ周辺の反体制派の退去合意を履行せず
米国 ロシアへの対抗費用4倍を望む
オバマ大統領:アサド打倒のためにシリア地上作戦を行うことは西側の間違いになる
タグ
露米関係, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント