05:07 2018年01月23日
東京+ 0°C
モスクワ-10°C
    アサンジ氏

    アサンジ氏、エクアドル国籍を取得

    © Sputnik/ Alex McNaughton
    国際
    短縮 URL
    271

    エチオピアのフェルナンダ外相は12日、同国に帰化を申請していた内部告発サイト「ウィキリークス」の創設者ジュリアン・アサンジ氏の許可が昨年12月12日に下っていたことを明らかにした。

    スプートニク日本

    ライブ配信された記者会見でフェルナンダ外相は、エクアドルは庇護を求めた人物に最良の庇護を提供する同様の権利を有すると強調した。あわせて、エクアドルは英国に、アサンジ氏に外交官の地位を与えるよう要求するも、英国は拒否したと述べた。

    先ほど、アサンジ氏が自身のツイッターにサッカー・エクアドル代表のユニホームを着用している様子の写真を投稿した。

    アサンジ氏は2012年より在英エクアドル大使館に滞在している。同年、ウィキリークスでの同氏の活動に関連したスウェーデン政府による米国への身柄引き渡しの恐れから、エクアドル政府に亡命を求めていた。最近では、ツイッターなどに定期的にコメントなどを掲載し、外部の世界との接触を維持していた。

    関連ニュース

    「監禁」5年 アサンジ氏は有罪か?

    アサンジ氏、ロシアに亡命申請しなかった理由を明かす

    スウェーデン検察、アサンジ氏の逮捕状を撤回

    タグ
    ジュリアン・アサンジ
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント