21:44 2019年11月14日

トゥーンベリさん 国際賞の受賞を拒否 「必要なのは行動」

© REUTERS / Rick Wilking
国際
短縮 URL
124
でフォローする

北欧理事会は地球温暖化対策を訴えるスウェーデンの活動家、グレタ・トゥーンベリさんに環境問題への取り組みをたたえる国際賞の授与を決定したが、本人の意向により受賞は拒否された。トゥーンベリさんは賞の授与ではなく具体的な行動で温暖化対策に貢献してほしいと呼びかけた。

2100年までに地球の気温は7度上昇 暗澹たる科学者の予測
© Illustration: RIA Novosti - Depositphotos/DmitryRukhlenko, Depositphotos/Zabelin
ストックホルムで開かれた北欧理事会の授賞式ではトゥーンベリさんの名が呼ばれたが、本人はカリフォルニアで活動中だったことから登壇せず、その代わりに活動をともにする少女らが登壇し、受賞拒否に至った理由を本人からのメッセージとして読み上げた。

北欧の国々は気候や環境の問題で高く評価されている。しかし、トゥーンベリさんは「実際に人口の1人当たりが環境に及ぼしている影響をみると話は別」としたうえで、「あなた方が科学にしたがって行動しないのであれば、この賞と賞金は受け取らない」として、具体的な行動で温暖化対策に貢献してほしいと呼びかけた。

北欧理事会は1952年に設立され、国際社会に大きな貢献を行った芸術家や社会活動家に受賞活動を毎年行っている。参加国はノルウェー、スウェーデン、デンマーク、アイスランド、フィンランドの5か国。北欧理事会は受賞者に対し、トロフィーのほか、賞金350万クローネ(日本円でおよそ5600万円)を贈っている。


9月23日、トゥーンベリさんは国連気候行動サミットで発言し、各国の政治家らが彼女と彼女の同年代の若者たちから未来を奪ったと訴えた。トゥーンベリさんの発言に対し、米国のトランプ大統領とロシアのウラジーミル・プーチン大統領がそれぞれ応えている。

関連ニュース

タグ
ウラジーミル・プーチン, 地球温暖化, 国連, ノルウェー, スウェーデン
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント