21:53 2020年12月02日
国際
短縮 URL
0 02
でフォローする

国連は、新型コロナウイルスの流行で飢餓人口が倍増し、経済危機につながると予測している。ロイターが報じた。国連は飢餓人口が、現時点の1億3500万人から2億6500万人超になる恐れがあると指摘している。

国連の世界食料計画(WFP)の上級エコノミストで、調査・評価・モニタリングの担当責任者のアリフ・フセイン氏は「私たちはこの問題を一緒に解決する必要がある。そうしなければこの代償(危機)が高くなりすぎるからだ。多くの人が死に、収入が減る人が続出するだろう」と述べている。

フセイン氏は、今、国連の支援プログラムには100〜120億ドル(約1兆0777億〜1兆2900億円)が必要だと述べた。また2019年には、同プログラムに史上最高額の83億ドル(約8940億円)が調達された。今後数ヶ月の間に、WFPは困窮している人を救済するための食糧備蓄を準備する予定。

先にトランプ米大統領は世界保健機関(WHO)への資金拠出を停止すると発表した。トランプ氏は、WHOは「基本的な義務を果たさなかった。責任を負わなければならない」と述べた。

関連記事


医療用マスク:使用説明書
Sputnik / Savitskaya Kristina
医療用マスク:使用説明書

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
国連, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント