20:20 2020年05月29日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 26
でフォローする

地球上でコロナウイルスの抗体を生成した人の割合は極めて低いことが各国が行った調査結果から明らかになった。ガーディアン紙が世界保健機関(WHO)の調査結果を引用して報じた。

WHOの調べでは血液中にコロナウイルスの抗体を有しているのは人口のわずか2-3%。つまりこれらの人はすでに感染していることになる。この数値は、集団免疫ができれば自主隔離体制から迅速な脱却が期待できるとされていたのが効果薄であることを示している。

スタンフォード大学がカルフォルニア州サンタクララ郡の住民を被験者として行った研究では、実際のコロナウイルス感染者の数は公式的なデータより50-85%多かった。これはサンタ・クララ郡の在住者で抗体を持っている人の割合は人口のわずか3%であることを示している。

オランダで7000人の血液ドナーが参加して実施された別の調査では、コロナウイルスの抗体が見つかったのはわずか3%にとどまっている。

この数値についてWHO感染症専門医のマリア・ヴァン・ケルクホーフェ氏は、予期していたより低く、この調査と血液分析の実施方法を調べる必要があるとコメントしている。

ケルクホーフェ氏はこれより前、抗体があることがイコールコロナウイルスへの免疫があることにはつながらないと力説していた。

現在、世界の新型コロナウイルスCOVID-19による死者数が17万人を超え、感染者数が約250万人に達している。

関連ニュース

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
欧州, 米国, WHO, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント