08:24 2020年10月25日
国際
短縮 URL
0 20
でフォローする

医師らがオーストラリア人女性の脳に紐状のワームを発見した。この間、女性は何度となくひどい頭痛に悩まされていた。『The American Journal of Tropical Medicine and Hygiene』が報じた。

25歳のオーストラリア人女性はこの7年間、偏頭痛に悩まされていた。彼女によれば、月に数回激しい痛みに襲われていたという。当初、医師らは偏頭痛の薬を処方したが、しかし、痛みは彼女の視覚障害を引き起こした。

​その後、彼女は頭のMRI検査を受けたが、その結果、医師らは彼女の脳に腫瘍を発見。手術が行なわれ、脳に紐状のワームが棲息していたことが判明した。彼女は外国を訪れたことは一度もなく、バリスタとして働いている。

医師らによれば、女性を襲った痛みは神経嚢虫症によるもの。この病気は寄生虫によって引き起こされるもので、神経障害の原因となる。

関連記事

タグ
びっくり
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント