20:50 2020年11月30日
国際
短縮 URL
未来の戦争 世界各国の軍事バランスはどう維持されているか (242)
0 110
でフォローする

米国は同盟国と協力して地上のあらゆる地域でロシア、および中国の影響力に対抗し、最悪のシナリオにも応じる用意がある。マーク・エスパー国防長官がワシントンD.C.のシンクタンク「大西洋評議会」の会合に出席した中で発言した。

エスパー国防長官は20日に開かれた大西洋評議会の会合に出席した中で次のように発言した。

世界的大国同士の競争である以上、これはグローバルな性格を持っている。ロシアと中国はアメリカ大陸、アフリカ大陸、近東、北極、南極大陸で活動を続けている。我々は競争する必要がある。それも、アグレッシブに競争する必要がある。我々はともに進む。仮に抑止力が機能しない場合、最悪のシナリオに備える必要がある。

エスパー国防長官によると、ソ連崩壊後にロシアが再び大国化し、米国に対峙する日が来ることを誰も想定していなかったという。ただし、対抗姿勢を強めつつ、誤解や予期せぬ事故を防ぐためにもロシア、および中国と連携する必要性を指摘した。

我々はいずれの国との衝突も望まない。我々は中国を抑え込むことも目指してはいない。我々が望むのは平和な成長であり、我々に利益を数十年にわたってもたらしてきた世界的ルール、秩序、規範の枠組みである。しかし、この2カ国はそれらを常に破っている。であれば我々は立ち上がり、このシステムを守るべきである。

演説の中でエスパー国防長官はロシア、および中国と連携し、共同する分野を探す必要性についても指摘した。ただし、対立もやむを得ない状況となれば、同盟国の防衛力を拡大し、新たなパートナーを取り込み、集団的安全保障に投資する必要性を指摘した。

関連ニュース

トピック
未来の戦争 世界各国の軍事バランスはどう維持されているか (242)
タグ
中国, ロシア, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント