14:07 2021年08月01日
国際
短縮 URL
0 26
でフォローする

中国国務院は公式サイトを通じ、国土のほぼ60%の領域の水門気象学上のプロセスに積極的に作用する国家システムを2025年までに創設すると発表した。これが全世界の気象学の専門家らの憂慮を招いている。ブルームバーグも中国のこの計画を批判的に分析する記事を発表した。

気象操作は決して新しい発想ではない。この問題には多くの国が取り組んでいる。ただし、ブルームバーグは、雨や雪、雹を降らすという中国が現時点で有している気象操作システムは、規模とパワーの両面で世界の中でも抜きんでていると指摘している。

ブルームバーグは、2018年、チベット自治区で気象操作が行われた例を挙げている。当時、山の斜面には500個を超える特製のバーナーが設置され、広大な面積に銀イオンが散布された。このおかげでチベット自治区付近では降水量が100億立方メートルも増えている。

ところがブルームバーグは水門気象学上のプロセスにこれだけ大規模かつ積極的に働きかけるメソッドは直接的にも間接的にも兵器として用いられかねないと危惧感を表している。敵国の上空に悪天候を呼び、地政学上のライバル国の農耕地の上に雨を降らせないことも可能だからだ。

ブルームバーグの専門家らは、大気現象の変化に挑もうとする中国の野望は制限不可能と判断しており、他国にはこの分野で中国との関係を築くより策はないと呼び掛けている。国際協力を行い、技術を交換しあえば、気象への大規模な悪影響を防ぎ、最も危険な技術をコントロール下に置くことができるというのがその理由に挙げられている。

関連ニュース

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント