футбольное меню

【ロシアW杯】メッシとロナウドへのご馳走は?特製「サッカー飯」がロシア各地で登場

© Sputnik / Andrey Bykov
サッカーW杯2018のニュース
短縮 URL
0 40

サッカーワールドカップ(W杯)ロシア大会の開催地では海外から訪れる人のために、名物料理をアレンジした特別メニューが登場している。さらに美食の祭典や大会中1万キロ以上走破を予定するフードトラックの準備も万端だ。

スプートニク日本

11台のフードトラックがロシア各地方の地元めしを販売する。モスクワからのフードトラックでは環状パンのカラーチが楽しめる。カラーチの中身は練乳やロシア版ジャム、タラ肝などとバリエーション豊か。フードトラックは6月15日にソチを出発し、他の開催都市をめぐる。

移動フェスに加え、各都市では特製「サッカー飯」が用意されている。ソチでは鴨料理に注力し、同市のレストラン「クラースナヤ・ポリャーナ」では「オウンゴール」バーガーが登場する。

カザンでは美食の大祭典が開催される。フェスティバルでは地元のシェフが1300キロのチャクチャク(揚げたパン生地にはちみつをかけた伝統菓子)を作ってロシア記録を目指す。

サランスクは甘いビールのような炭酸発酵飲料クワスと、熊の手型ハンバーグでおもてなし。

エカテリンブルクでは地元ウラル地方で取れた20種類以上の食材を使ったペリメニに舌鼓を打つことができる。

サンクトペテルブルクではシャンパンに入ったコチョウザメを味わえる。

カリーニングラードではクリスティアーノ・ロナウドのため特別にジャガイモと目玉焼きをあえたタラを、メッシには鶏肉のナポリ風が用意されている。

タグ
エンタメ, 食べ物, 食品, サッカー, 2018年のロシアW杯, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント