ラヴロフ外相、露米関係について専門家らに語る

© Sputnik / Evgeny Biyatovラヴロフ外相
ラヴロフ外相 - Sputnik 日本
ラヴロフ外相はヴァルダイ会議の中の専門家向けの非公開ディスカッションに参加した中で露米関係について、NATOの東方拡大が分割されない統一した世界の構築の将来性をいかに困難なものにさせたかについて語った。ディスカッションに参加したひとり、グローバル国益センターのニコライ・ズロビン所長が記者団に明かした

ワシントンのホワイトハウス - Sputnik 日本
ホワイトハウス、ロシア空軍との戦いのためにシリア反政府勢力に武器譲渡を検討
「露米関係では様々な様相についてかなり突っ込んだ話が行なわれた。しかも露米の直接的関係にも第3国、世界の様々な地域についての話だった。ロシアは米国との協力に関心があるが、これを行なうのは難しい。なぜなら米国がいたるところでロシアと協力を行いたいという姿勢を表しているとは到底言い難い状況だからだ。」ズロビン氏はこう語った。

ラヴロフ外相は「対米関係を損ねたのはロシアの側からではない」というテーゼを繰り返し、「我々は常にポジティブな立場に戻る用意があるが、これを行なうのは難しい。なぜなら米国は相手を騙すか、それともなんらかの第2の、第3の目的を追っているからだ。この目的については米国は語ろうとはしないし、しょっちゅう立場を変えてくる」と語っている。

これより前、ブルームバーグは米国には制裁を用いてロシア に圧力を変える手段はほとんど残されていないという記事を表している。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала