米国務省、ロシアによるシリア空爆の証拠提出を拒絶

© AP Photo / Manuel Balce Ceneta米国務省、ロシアによるシリア空爆の証拠提出を拒絶
米国務省、ロシアによるシリア空爆の証拠提出を拒絶 - Sputnik 日本
米国務省のキルビー報道官はロシア航空宇宙軍がシリアのアレッポで行なったと米国が主張する空爆の証拠の提出を拒否した。キルビー報道官はワシントンでのブリーフィングで手元には「具体的な戦術的情報」がないことを明らかにした。

P-800「オーニクス」 - Sputnik 日本
露防衛省、テロリスト拠点へのミサイル着弾動画を公開
キルビー報道官は米国はロシアの空爆情報を「信頼のおける組織」から受け取ったとし「シリアにおいてロシアと体制側は補足的な空爆を行ったいう情報を我々は受け取った。私たちは5箇所の病院が少なくとも1箇所は移動式クリニックが空爆を受けたという情報を疑う根拠はない」と語った。

TV「ロシア・トゥデイ(RT)」の記者がロシア軍が空爆したとされている病院、都市の具体名を挙げるよう要請すると、キルビー報道官はRTの独立性に不信感を示し、この件はロシア国防省へ照会するよう提案した。

「ご自分のところの国防省(露国防省)が何をやっているのかは彼らに尋ねたらいいだろう。回答が得られるかどうか、見ものだ。」

これに対しRTの記者が、キルビー報道官が空爆を受けた病院名を挙げたならば、これをもとに露国防省に対してのしかるべき照会が行なえると反撃すると、キルビー報道官はそれ以上、話を続けることを拒否した。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала