登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

下斗米法政大学教授 共同経済活動は平和条約への助走

© Sputnik / Lyudmila Saakyan下斗米法政大学教授 共同経済活動は平和条約への助走
下斗米法政大学教授 共同経済活動は平和条約への助走 - Sputnik 日本
フォローする
法政大学法学部の下斗米教授が露日関係の将来像についてスプートニクからの独占インタビューに独自の見解を明らかにした。下斗米教授のモスクワ訪問はちょうど日本のビジネスミッションのクリル諸島(日本側の言う北方領土)の3島訪問の期日と重なった。このためスプートニクの記者はまず、このビジネスミッションに対する評価とこの先の両国の発展は何にかかっているかについてたずねた。

プーチン大統領 クリル諸島での日本との合同経済活動を語るのは時期尚早 - Sputnik 日本
プーチン大統領 クリル諸島での日本との合同経済活動を語るのは時期尚早
スプートニク日本

下斗米氏「去年12月の山口会談での日本の新たなアプローチが共同経済活動です。これは最終的な平和条約に至る前にあの島で共同で活動する経験を積むこと、そして旧島民の方だけでなく北海道などそこの関連の利益が可能なところからはじめて、共同で何かをするといことです。こうした経験がなければとてもあの、大変づくし問題は解決できないと思います。そういう意味で私はこれを大変前向きに見ています。もちろん今のところ日本とロシアがお互いの提案をぶつけているだけで、これがどう発展するかは見なければいけませんが、少なくとも始めるということはおそらく大事なんだと思いますね。もっと前からアイデアはあったんですが、なかなかお互いの政治的決断がなくて…。

それでも日本でも『パシフィック・ロシア』という言い方をする人がいますが、日露間には非常に大きなポテンシャルがあって、極東といわれる地域を新しい目で見るとそこでプーチン大統領の東方シフトがどう動くか、また具体的に日本の協力の可能性をどうこの小さな島で試行的にやると。こちらではインフラやエネルギー、都市建設とかもっと大きなことがこれから始まると思いますけれど、そのためにもお互いの棘をとり、互いに受け入れ可能なことを具体的に始めたというのは大きいことだと思いますね。もちろんこれから両国の枠組み、また国際法的な枠組みをどうやって作るかというのは開始しなければわからないところがあります。ですが小さな成功から具体的にアプローチするいうことが最終的な国境線画定なり、平和条約だということを両方の指導者たちは合意しているわけですから、その方向に結び付ける一歩になっているんだと思いますね。その具体的成果はこれからおいおいわかってくるでしょうが。

イトゥルプ - Sputnik 日本
北海道からクリル諸島に向けた初の航空便が出発
先日プーチン大統領も語ったように、クリル諸島が日本の主権に入った場合、米軍基地な出現するのではとロシアは憂慮していますが、二国間の領土問題は米国と絡んでいるでしょうか?

下斗米氏「もともと両国間の交渉で90年代からすでにアイデアは出てきていたわけで、米国は全く関係ありませんし、領土問題というのは70何年か前に日本とロシアが解決すべきことだったわけです。むしろオバマ政権の時にはこの問題に米国政府はやや否定的に動いていたと思いますが、トランプ政権はおそらくこれに関心を寄せていないと思います。あるいは側面的に安倍首相のやっていることにプッシュしていると一般的には考えられると思いますが、今トランプ政権はほかの問題で手いっぱいで外交的にも動きは非常に混乱していますから、別に米国がどうこうという話ではないと思いますね。

プーチン大統領 クリルにロシアがいなければ、米軍が現れるだろう - Sputnik 日本
プーチン大統領 クリルにロシアがいなければ、米軍が現れるだろう
ロシアは今、トランプとか米国とかシリアとか、やることをたくさん抱えており、極東にそれほど集中するゆとりがありません。ロシアは日本との関係に十分に注意を払っていると思いますか?

下斗米氏「これは両国とも戦略的利益のある話ですからそのように動いているんだと思います。ロシアも3年くらい前からエネルギー価格が下がっていますし、海外投資は特に難しい環境の極東はプーチン大統領も欲しいところです。極東をよく知っている人たち、つまり北海道とかエネルギー分野ではこれから大きな動きがありうるでしょうから、そういう意味ではポジティブ何だろうと思いますね。今日の話では米露関係は全体的に最悪の状況から動かそうとしていると聞きました。日本が平和条約を結ぶとしているのは旧連合国との関係の最終段階ですから、米露関係の改善は非常にいいことだと思います。その出発点が近々行われる首脳会談で、その中で核問題などで動きが取れることに期待しています。

ロシアは2018年に大統領選挙があり、大多数の人がおそらくプーチンが勝ち取るのではないかと思っています。

下斗米氏「私もこの6月に参議院で専門家の意見を求められたときそう答えました。

日本も2018年に安倍首相が選挙ですね。二人とも勝利するとロシアは6年間、日本は2021年まで安倍氏が首脳です。これから考えると2018年までに平和条約は結ばれないでしょうか?

ユジノサハリンスクを訪れた日本政府調査団 最初の作業総括 - Sputnik 日本
ユジノサハリンスクを訪れた日本政府調査団 最初の作業総括
下斗米氏「次の現職になって初めて開始できることでしょうから、それまでは共同経済活動のような助走でしょうね。日本とロシアはアジア太平洋の変化のなかで今まであまりにもコンタクトがなさすぎました。昔からポテンシャルは大きいと言われ続けていましたが今それを実行に移す段階なんでしょうね。

ロシアは日米関係があまりに強すぎると考えていますが。

下斗米氏「トランプ政権でアイソレーショニズムが出てきているため、日本も独自にユーラシアとの協力ができます。中国、インドなど一番近い国と今までほとんど何もなかったことのほうが異常だったわけです。

ロシアでは日本に北方領土を渡すと間もなく米軍基地が現れると言われています。

下斗米氏「その可能性はないと思いますね。米軍基地は三沢にありますし、何もあの島に基地を設ける必要はないですし、非軍事化を行うのが一番いいでしょうがそれを可能にするのが平和条約ですね。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала