登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

「世界中の標的を撃てる」ミサイル:北朝鮮問題を解決するチャンスは残っているのか?

© AP Photo / Jon Chol Jin「世界中の標的を撃てる」ミサイル:北朝鮮問題を解決するチャンスは残っているのか?
「世界中の標的を撃てる」ミサイル:北朝鮮問題を解決するチャンスは残っているのか? - Sputnik 日本
フォローする
日米両首脳は、北朝鮮に対する圧力を更に強めるために緊密に連携すると3日の電話会談で話したが、具体案は間に合わず、その途端に北朝鮮がミサイルを発射した。注目すべきは、北朝鮮国営放送が報じたところによれば、これは北朝鮮初の大陸間弾道ミサイルであり、「世界中のどこにある標的でも」撃つことができる、ということだ。

スプートニク日本

注目が集まっているのは、北朝鮮のミサイル発射が7月6日にハンブルクで始まるG20の直前に行われたことである。トランプ米大統領は韓国や日本はもうこのような挑発に長く我慢することはないだろう、そして中国は「この馬鹿げたことをきっぱりと終わらせるために」しかるべき対処をするだろうという見解を示した。日本では北朝鮮のミサイル発射を受けて、今日だけで2回も国家安全保障会議の協議が行われた。

© REUTERS / KCNAハソン-14
ハソン-14 - Sputnik 日本
ハソン-14

なお、7月3日と4日にかけて、モスクワでプーチン大統領と中国の習近平国家主席の会談がモスクワで行われた。中露首脳会談のテーマの一つは北朝鮮問題だった。

北朝鮮、ミサイル発射 日本の排他的経済水域に落下 - Sputnik 日本
G20サミットに「プレゼント」 北朝鮮が弾道ミサイル発射【写真】
米国はこれまで何度も中国に、北朝鮮に対する制裁を強めて圧力をかけるよう呼び掛けてきた。数隻の米軍空母が朝鮮半島に送られ、米国の狙いの真剣さをデモンストレーションしてみせた。しかし米国とロシアは、北朝鮮の核実験に対して、根本的に全く異なる解決のシナリオを描いている。もし米国が圧力の強化を要求し、軍事干渉の可能性でもって北朝鮮を怯えさせようとしているならば、ロシアは反対に、「相互の自己抑制の発露」と対話の復活を説いている。北京で行われた「一帯一路フォーラム」の開幕において、プーチン大統領は北朝鮮によるミサイル実験を「非生産的で、害悪で危険」であるとした。しかし同時にプーチン大統領は世界の首脳たちに対し、北朝鮮を「怯えさせる」ことはやめにして、「この問題の平和的解決方法を見出す」ように呼びかけた。

リア・ノーヴォスチのインタビューでロシアのイーゴリ・モルグロフ外務次官は、朝鮮半島における争いについてロシアは独自の「道路マップ」を編み出したと話した。「我々は事前条件なしで、段階的に、疑いの余地のないところから始め、動き出すことを提案する。それは相互の自己抑制の発露、互いを挑発し合わないこと、不可侵や武力を持って脅威となすことを拒否するなど、相互関係の原則についての協議といったことだ」

北朝鮮 韓国のパク・クネ前大統領に死刑宣告 - Sputnik 日本
北朝鮮 韓国のパク・クネ前大統領に死刑宣告
極東研究所・朝鮮研究センターの上級研究員、エフゲニー・キム氏は、北朝鮮問題をコントロールするためのロシアの「道路マップ」実現の可能性について次のようにコメントした。「もしこのプランを米国が受け入れたとしたならば、チャンスはあっただろう。北朝鮮側もそれを受け入れる用意ができている。去年の初め、彼らは、もし米国が毎年行っている軍事演習をやめるのであれば、核ミサイルの実験をストップさせると話していた。しかし米国はそれを受け入れなかった」

韓国と日本でロシア大使を務めた、モスクワ国際関係大学のアレクサンドル・パノフ教授は、米国の政治的意思があれば、北朝鮮問題を解決することは可能だという見解を示している。

「最も重要なことは、北朝鮮は米国から全部で3種の姿勢を引き出したいと思っていることだ。それは外交関係を認めること、米国が北朝鮮に対し攻撃を仕掛けず、北朝鮮の内部体制を脅かさないこと、そして経済協力を始めることだ。もしこれら全てが担保されれば、北朝鮮は友好の手を伸ばすことができるだろう。しかし北朝鮮側が自分たちから友好の手を伸ばすことはもちろんないだろう。なぜなら彼らには、核、そしてミサイルといったカード以外に何もストックがないのだから。北朝鮮は何も手に入れなくても、よりもっと危険な戦略に熱中しながら、自分たちのカードを強めている」

弾道ミサイルではない=北朝鮮発射 - Sputnik 日本
北朝鮮発射、弾道ミサイルではない
もちろん、北朝鮮問題に対する中国の方針は大きく問題を左右する。それはロシアも米国も承知である。しかしそれに負けないくらい大事なのは韓国のアプローチだ。韓国はここ最近、北朝鮮に対して和解を促すような姿勢を見せている。5月に文在寅大統領が就任した際、北朝鮮の核の拡大を平和的手段で予防すると約束した。韓国のアプローチは、米国風ではなく、ロシアのアプローチに似ている。韓国外務省ヨーロッパ部のスソク・リム部長の「我々は北朝鮮問題におけるロシアの影響力を大事なものと考えており、北朝鮮の核問題についてロシア政府側が建設的な役割を果たすことを望んでいる」という発言からもこれを判断することができる。

ロシア、北朝鮮、そして韓国が共同三者プロジェクトで結びついていたのはそんなに昔の話ではない。例えば、ロシアの石炭がハサンから北朝鮮のラジンへ鉄道で送られ、そこから海路で韓国に届けられていた「ハサンーラジン」プロジェクトがあった。残念なことに北朝鮮と韓国の関係が悪化したことで、このプロジェクトは立ち消えになった。

北朝鮮を訪れていた米国人の学生の死も、より複雑になっていく状況に火に油を注いだ。政治家たちは問題の解決を見出し、取り返しのつかない過ちを回避することができるだろうか?

© Sputnik北朝鮮ミサイルはどこまで飛べるか
北朝鮮ミサイルはどこまで飛べるか - Sputnik 日本
北朝鮮ミサイルはどこまで飛べるか
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала