登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください
IT・科学
SNSから最先端テクノロジーまで

火星の土が初めて再現される 水が火星地中に存在可能か明らかに

© 写真 : NASA/JPL-Caltech火星
火星 - Sputnik 日本
フォローする
地質学者が初めて火星の土を完全に再現し、マイナスの温度でも液体状の水が火星の地中に存在しうるとの結論に至った。

スプートニク日本

論文は科学誌『Nature Communications』に掲載された。

研究者は火星表面の平均温度がマイナス55度で、水はそのままでは液体状では存在できないと指摘する。

火星 - Sputnik 日本
ロシアが火星にマイクを送る計画 惑星の音を録音へ
一方、火星の土の中に特別な種類の過塩素酸があることで、地中の水はマイナス55度でも液体状であり続けることが可能だという。

英リーズ大学の研究チームは火星の土を完全に再現し、過塩素酸と水を注入。その後、水が液体状であり続ける条件を調べた。

明らかになったところ、過塩素酸が大量にあることで火星の水は通常、普通の水もしくは海水が凍る温度よりかなり低温になって凍り始める。

研究結果により、火星には超高圧下の生活に適応した生物が存在する可能性があることがわかった。

関連ニュース

NASA 月の水資源の起源解明

日米の学者たちが火星の「唯一の衝突の仮説」を証明する

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала