登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

噴火続く新燃岳 ドローンで火口撮影【動画】

© AFP 2021 / Kazuhiro Nogi新燃岳の噴火(2月5日、2011年)
新燃岳の噴火(2月5日、2011年) - Sputnik 日本
フォローする
噴火の続く新燃岳でビデオジャーナリストのジェームズ・レイノルズさんがドローンによる火口撮影を行なった。動画はYouTubeのEarth Uncut TV局のチャンネルで公開されている。

スプートニク日本

鹿児島と宮崎にまたがる霧島連山の新燃岳は11日、6年ぶりに噴火。英タイムズ紙によると、噴煙の高さは火口から1700メートルに達し、周辺の市町村では降灰が確認された。

イエローストーン - Sputnik 日本
米を「消し去る」イエローストーン大火山は予想より早く目覚める=学者
気象台では注意を呼びかけており、新燃岳方面の道路は通行止めとされた。

噴火は13日夕方に一旦おさまっていたが、14日朝に再び噴火。気象庁によると噴煙は、11日の噴火以降で最も高い2300メートルに達した。その後、午後2時20分に噴火は止まったものの、その45分後に14日2回目の噴火があり、日本時間18時の時点ではなお噴煙が上がり続けている。

噴火警戒レベルは5段階のうち「3」(入山規制)が維持されており、気象台は火口から約2キロの範囲で大きな噴石や火砕流、火山ガスの放出に警戒するよう呼びかけている。

関連ニュース

およそ10億人に脅威 人類を待ち受ける致死的な噴火

日本気象台、新燃岳の噴火継続で噴石や火砕流に警戒を【写真】

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала