米企業、3Dプリンター製エンジンのロケットで人工衛星3基を軌道投入に成功【動画】

© AP Photo / Rocket LabIn this photo provided by Rocket Lab, Electron rocket carrying only a small payload of about 150 kilograms (331 pounds), lifts off from the Mahia Peninsula on New Zealand's North Island's east coast
In this photo provided by Rocket Lab, Electron rocket carrying only a small payload of about 150 kilograms (331 pounds), lifts off from the Mahia Peninsula on New Zealand's North Island's east coast - Sputnik 日本
米宇宙ベンチャー企業「ロケットラボ」が、3Dプリンターで印刷したカーボン素材のエンジンを持つ超軽量キャリアロケット「エレクトロン」の打ち上げに成功した。「Spaceflight101」が報じた。

スプートニク日本

ロケットは現地時間21日14時43分、ニュージーランド・マヒア半島にある同社の発射場から打ち上げられた。3つの人工衛星を軌道に投入。うち1基は宇宙からの地球の写真を取るベンチャー企業「Planet Lab」の依頼を受け、宇宙から地球の写真を撮影していく。残りの2基は「Spire」社のため天気図を作成する。

これは2度めの打ち上げ成功で、1度目は昨年5月に行われたが、軌道投入には失敗していた。

「エレクトロン」ロケットの重量は1万2250キロ。最大積載量は太陽同期軌道に150キロ、低軌道に225キロだ。ロケットには独自開発した、主に3Dプリンターで印刷されバッテリー駆動の低価格エンジン「ラザフォード」が搭載されている。エンジンコストの低下のおかげで、「エレクトロン」打ち上げにかかるコストはわずか500万ドル(約5億5000万円)。ロケットラボは年間50回の打ち上げを予定しており、将来的には年120回の打ち上げも考えている。

関連ニュース

ロシア、無線ロケットを製造へ

中国、衛星6基を載せたロケットの打ち上げに成功

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала