iPhoneをパスポート代わりに アップルの野望

CC0 / Pixabay / Un iPhone
Un iPhone - Sputnik 日本
米特許商標庁(USPTO)はiPhoneによる個人認証技術に対するアップルの特許申請を登録した。サイト「Apple Insider」が報じた。

スプートニク日本

同技術によりiPhoneをパスポート代わりに用いることができると見られる。暗号化された所有者データを保護された記憶装置から情報要求機関に転送するという考えだ。

同社はすでに大半のスマートフォンで使われているNFCなどのRFIDを用いてガジェットからデータを送信する計画だ。セキュリティは指紋認証Touch IDや顔認証Face IDといった生体認証技術により保証される。

幅広い適用分野が想定されている。職員の通行許可システムや入国管理局など私企業や公的機関でも使用が見込まれる。

Apple Insider」は、アップルが毎年特許庁に多くの申請を出しているが、同社の最終製品として実現する技術は一部にすぎないと指摘している。

関連ニュース

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала