登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

米国防総省、露を批判 地対空ミサイルの供給は「無責任」

© AFP 2021米国防総省
米国防総省 - Sputnik 日本
フォローする
米国防総省は、ロシアがシリアに対し地対空ミサイル「S300」を供給したことを受け、同国を「無責任」と批判した。

スプートニク日本

Постоянный представитель США при НАТО Кэй Бэйли Хатчисон - Sputnik 日本
米NATO大使、ロシアのミサイル排除に関する発言について説明
ショイグ露国防相は2日、プーチン大統領とのロシア安全保障会議の会合で、シリアに対し発射台4基などを含む49台の地対空ミサイル「S300」を供給したと発表した。露大統領府は同ミサイルの供給目的について、シリア駐屯の自国軍の防衛のために行うものと述べている。同国防相によると、同ミサイルシステムの運用訓練には3ヶ月を要する。

米国防総省は、「正直なところ、そのような防衛システムをシリア政府へ供給することは無責任だ」との声明を発した。

関連ニュース

シリアへのS300ミサイル供与はロシアによる情勢エスカレーション=米大統領補佐官

米国はS-300が米国の安全保障を損なっていると述べて狡猾に振舞っている=露外務省

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала