登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

ロシアで生神女福音祭を祝う

© Sputnik / Kirill Kallinikov生神女福音祭でハトを放つキリル総主教
生神女福音祭でハトを放つキリル総主教 - Sputnik 日本
フォローする
今週日曜日、ロシアの正教徒は生神女福音祭を祝う。露正教会のキリル総主教はこの日、モスクワのクレムリンにある生神女福音大聖堂で聖体礼儀を執り行ったのち、白いハトを聖堂広場の空に放つ予定だ。

スプートニク日本

生神女福音祭は露正教会が祝う十二大祭の一つだ。4月7日(旧暦では3月25日)は聖母マリアのもとへ天使ガブリエルが現われ、処女にしてイエス・キリストを身ごもる、という処女受胎の告知を受けた日にあたる。生神女福音祭はキリストの降誕祭からちょうど7か月前に祝われることとなっている。生神女福音祭の日、正教徒らはハトを空に解き放つ伝統行事を行うが、それはハトが聖霊のシンボルであり、4月7日のまさに今日、聖母マリアのもとに舞い降りたから、と言われている。

関連ニュース

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала