登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

淫行で米離脱のポランスキー監督、アカデミー復帰を主張

© AFP 2021 / Anne-Christine Poujoulatカンヌ映画祭に参加したポランスキー監督
カンヌ映画祭に参加したポランスキー監督 - Sputnik 日本
フォローする
今月19日、『戦場のピアニスト』で知られるポランスキー監督(ポーランド出身)は映画芸術科学アカデミーによる除名処分を不服として、裁判手続きに入った。米国の『ハリウッド・レポーター』誌が伝えた。

スプートニク日本

ポランスキー監督はオスカーの選考で有名な映画芸術科学アカデミーによる除名処分の撤回を求めており、弁護士を通じてロサンジェルスの裁判所で手続きに入った。昨年5月1日、ポランスキー監督はアカデミー執行部の決定により俳優のビル・コズビー氏と共に除名処分を受けていた。

ベネディクト16世(アーカイブ写真) - Sputnik 日本
前ローマ法王  小児性愛の蔓延は60年代の性革命の影響

今回、裁判所に提出した陳情書の中でポランスキー監督は、「アカデミーによる除名処分の決定はしかるべき情報に基づいていない」と主張し、決定の取り消しを求めている。

1977年、ポランスキー監督は当時13歳だった子役の少女に性的暴行を加え、逮捕された(50年の実刑判決)。司法取引の末、釈放された監督はすぐさま米国を脱出し、ロンドン、パリで制作活動を始めた。しかし、国際警察による捜査は続き、2009年には米国当局の要請に基づき、チューリッヒで身柄を拘束された経緯がある。米国を離れて以来、監督は二度と足を踏み入れていない。

ポランスキー監督の代表作には『水の中のナイフ』、『袋小路』、『チャイナタウン』がある。『戦場のピアニスト』ではアカデミー賞に輝いた。

関連ニュース

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала