ロシア人旅行家、太陽エネルギーでクリミアまで飛ぶ

© Sputnik / Alexandr Natruskin / フォトバンクに移行コニュホフ氏
コニュホフ氏 - Sputnik 日本
ロシア人旅行家のフョードル・コニュホフ氏は、太陽電池を積んだ実験用飛行機でクリミアに到達した。飛行企画本部が6日、発表した。

コニュホフ氏とロシアグライダースポーツ連盟のセルゲイ・リャブチンスキー会長はモスクワ州の飛行場から5日午前に離陸。ゴールはクリミア半島にあるエフパトリアだ。また、飛行中に太陽光が無くなったため、飛行を一時中断し、チームは南部クラスノダール地方のテムリュクで1晩を過ごした。

​機体「空飛ぶラボラトリー」はロシア製のフレキシブルなソーラーモジュールと蓄電システムを搭載している。今回の飛行の目的は、ソーラーモジュールの機能を様々な高度や太陽に対する様々な角度、様々な緯度でテストすることにあった。

関連ニュース

ロシア人が、世界初の手漕ぎボートによる南太平洋横断に成功

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала