がんとX線撮影の関連が見つかる

英研究チームは、がんの発生リスクとX線撮影の関連性を発見した。MedicalXpressが報じた。

研究チームによると、コンピューター断層撮影(CT)3回分に相当する低線量被ばくでも、p53遺伝子の変異が認められる細胞の数が増加する。

サメ - Sputnik 日本
サメの攻撃のおかげ がん発見で命拾い
研究チームが説明するところ、これらの細胞はがんの発生と進行を促進している。

研究者らはまた、がんに変わる可能性のある細胞はすべての人の体内にあると続けた。

研究チームによると、そうした細胞の数は年齢とともに増加する。しかし、悪性細胞に変わるのはそのうちのほんの一部だ。

関連ニュース

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала