地球から63光年離れた太陽系外惑星の初の画像を天文学者らが取得

© Sputnik / Vitaly Timkiv / フォトバンクに移行
星 - Sputnik 日本
Beta Pictoris c(がか座ベータ星c)と呼ばれる若くて明るい太陽系外惑星の直接画像を天文学者たちが初めて取得した。これまでBeta Pictoris cは間接的な兆候によってのみ知られていた。サイエンス・アラートが伝えた。

学者たちはBeta Pictoris cの明るさと質量を測定することにも成功し、これにより惑星の形成メカニズムに関する新たな認識を得た。

Beta Pictoris cは巨大ガス惑星で、地球から63光年離れたBeta Pictoris(がか座β星)を周回している。Beta Pictorisは非常に若く、約2300万年前に誕生した。Beta Pictoris cを含むBeta Pictorisを周回している2つの惑星の年齢は約1850万年。

太陽系外惑星Beta Pictoris cの質量は木星の約8.2倍、公転周期は3.4年、温度は約1250ケルビン。

学者らは今後、Beta Pictoris cが放つ光のより詳細なスペクトルを取得する計画で、それに基づいて生命の兆候を探すために大気の組成が定められる。

関連ニュース

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала