登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

心筋梗塞とパニック発作を見分ける方法 英国民健康サービス

フォローする
英国国民健康サービスは、処置に一刻を争う心筋梗塞をパニック発作と間違わずに見分ける方法についてエクスプレス紙に語った。

もし耐え難い恐怖が原因で起こった発作であれば、パニック発作も心筋梗塞でもありうる。こうした状態では吐き気、呼吸困難、胸部の痛みといた症状が出ることもある。ただし、胸部の痛みは心筋梗塞の場合、左腕、首、顎、背中、腹部といった身体の他の部位にも痛みが出る。

心筋梗塞では吐き気の他にも嘔吐、咳、発汗が起きることがある。こうした症状が見られたら、直ちに医者を呼ぶこと。

パニック発作では悪寒、のぼせ、脈が速くなる、手足がうずく、震え、締め付けられるような感覚、口の渇き、耳鳴りを感じることがあるが、命に別状はない。発作が繰り返される場合、内科を受診すること。心療内科医に相談し、薬を飲むことで治る。呼吸性のパニック発作の場合はストレス、緊張を取り除く運動が必要となる。

関連記事

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала