登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

東京五輪出場のロシア人選手の「秘密兵器」=ウォール・ストリート・ジャーナル

© Sputnik / Alexey Filippov / フォトバンクに移行東京五輪出場のロシア人選手の「秘密兵器」=ウォール・ストリート・ジャーナル
東京五輪出場のロシア人選手の「秘密兵器」=ウォール・ストリート・ジャーナル  - Sputnik 日本, 1920, 09.08.2021
フォローする
WADA(世界アンチドーピング機関)の決定により、国旗なしで東京五輪への出場することになったロシア人選手たちは、なぜさまざまな競技で成功を納め、予想以上の数のメダルを獲得できたのか?ウォール・ストリート・ジャーナル紙は、この問いに対する独自の答えを出し、ロシア人の「トレーニングのための秘密兵器」についての記事を掲載した。

ロシアのオリンピック選手たちの主な利点は、国士の広大さ、例を見ないほどのトレーニングの量と質だと記事では指摘されている。

今回は新型コロナウイルスの感染拡大により、多くの国の選手が開幕前に東京入りすることができない状況に置かれていた中、ロシアの選手の多くはオリンピック出場に向けて、日本と同じ時間帯、同じ条件にある極東のウラジオストクやサハリンで合宿をおこなった。こうすることで、ロシア人選手たちは非常にタイミング良く、競技が行われる場所の条件をシミュレーションすることができたとウォール・ストリート・ジャーナル紙は指摘している。

ロシアのアーティスティックスイミングのスベトラーナ・ロマシナ選手 - Sputnik 日本, 1920, 04.08.2021
ロシアのアーティスティックスイミング選手 史上初となる五輪6個の金メダルを獲得
またモスクワからそれほど離れずとも、新型コロナの感染拡大が進む中、隔離された特別なスポーツ施設で、トレーニングを中断せずに済んだ選手もいた。米国やその他の国々では、コロナの感染対策としてスポーツ施設が閉鎖され、オリンピック選手ですら使用できなかったと記事の筆者は書いている。

こうした「トレーニングのための秘密兵器」についての推測が正しいことを証明するため、ウォール・ストリート・ジャーナル紙は、金メダリストのアンゲリーナ・メリニコワ選手の言葉を紹介している。「わたしたちはとてもたくさん訓練しました。ほぼ1年半、閉鎖されたトレーニングキャンプで非常に多くの練習を重ねました。家族とも会えない状況でしたが、これは正しかったと思います。そのおかげでトレーニングに集中できたと思います」。

ウォール・ストリート・ジャーナル紙は、ロシアは国旗掲揚や国歌演奏を禁止されるという屈辱を受けながらも、オリンピック前に集中的なトレーニングを行なった結果、閉幕までまだ数日を残した段階で、予想を超えるメダルを獲得し、メダルの総数では中国、米国に次ぐ3位となったと指摘している。

国際オリンピック委員会(IOC)は、ベラルーシのクリスティナ・ツィマノウスカヤ選手に関する状況に関連して、ベラルーシ・オリンピック委員会に対しても懲戒処分を下す可能性があるという話題については、「スプートニク」の過去の記事よりお読みいただけます。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала