登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

「汚い爆弾」と過激派団体の画像を所持していた男が逮捕される フランス

© AFP 2021 / PASCAL GUYOTフランスの警察官
フランスの警察官 - Sputnik 日本, 1920, 12.09.2021
フォローする
フランス南部で、ウランや放射性鉱物を含む「汚い爆弾」を製造した疑いで、フランス人の男(26)が逮捕された。男は、白人至上主義団体クー・クラックス・クラン(KKK)のかぎ十字やフードの画像も所持していた。France Bleuが報じた。
マルセル・ルドロフ記念教育センターから警察に男について通報があった。男はこの教育センターを訪れ、学生たちに爆発物の作り方に関するビデオを見せ、爆発物を使用するつもりだと主張したという。
8月26日、警察は男の両親の家を家宅捜索し、酸化ウランと放射性物質を含む手製の汚い爆弾4個と、KKKのかぎ十字やフードの画像を押収した。男は逮捕され、取り調べに対し、これらはすべてサイトEbayで購入したと供述した。男は広い場所で爆発させるために爆弾をつくったという。
仏紙リベラシオンの消息筋は警察に、男は「深刻な精神障害」をもっており、病院の名簿に登録されていると伝えた。現在、捜査が行われている。
関連ニュース
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала