登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

アルツハイマーの主な兆候について従来の説が覆される

© Depositphotos / Sudok1 アルツハイマーの主な兆候について従来の説が覆される
アルツハイマーの主な兆候について従来の説が覆される - Sputnik 日本, 1920, 13.09.2021
フォローする
記憶喪失をはじめとする認知障害について、アメリカ国立生物工学情報センター(NCBI)は、必ずしもアルツハイマー型認知症の主たる兆候とならないという研究結果を発表した。同センターのサイトに公開されている。
脳のMRI - Sputnik 日本, 1920, 13.06.2021
新型コロナウイルス
コロナウイルスにアルツハイマー病特有の症状を引き起こすリスク 米研究者ら
アルツハイマーに罹っている場合、うつ病の症状は消えたりぶり返したりするものの、アルツハイマーを発症していない人に比べるとその症状の出方はさほど深刻にはならない。アルツハイマーを罹患している場合は自殺を口にしたり、自殺未遂を起こす可能性も低い。
研究者らは、アルツハイマーを病む人が認知症に罹る場合は、悲しみや絶望感、罪悪感など鬱に起因する感情を表現できなくなることが多いとの見方を示している。
関連ニュース
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала