登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください
Художественное изображение молекул ДНК - Sputnik 日本, 1920
新型コロナウイルス
各国の感染対策と成果、感染状況、ワクチンや変異株をめぐる情報など最新のコロナ関連ニュースを網羅

インフルエンザワクチン接種は、新型コロナ感染防止に役立つ

ワクチン接種 - Sputnik 日本, 1920, 19.09.2021
フォローする
学者らは、インフルエンザワクチンを接種した人は、新型コロナウイルス感染症の第一波における感染率がインフルエンザワクチンを接種していない人に比べて47%低く、第二波では50%低いことを発見した。研究結果が医学分野のプレプリントサーバmedRxivに掲載された。
結核予防のためのBCGワクチンなどの多くのワクチンは、長期的展望において他の病原体に対する自然免疫応答を強めることができることが知られている。この現象は、訓練免疫と呼ばれている。
東京 マスクをつけた人 - Sputnik 日本, 1920, 08.09.2021
新型コロナウイルス
WHO コロナウイルスは人類と生き続け、インフルエンザと同列のウイルスとなる
学者らは、新型コロナウイルス感染症第一波のとき、オランダのある大病院の職員を対象に調査を行い、インフルエンザワクチンを接種した人たちの新型コロナ感染率は接種していない人に比べてはるかに低く、2.1%対3.3%であることを発見した。インフルエンザワクチンを接種した人は、接種していない人に比べて新型コロナウイルスに感染するリスクが47%低かった。第二波では、この数値が2.0%対3.9%と50%になり、インフルエンザワクチンを接種した人の新型コロナウイルスに対する防御力はさらに高まった。
これについて学者たちは、訓練免疫の効果と関連していると考えている。最大の効果が見られたのは、ワクチン接種から6週間後だという。
新型コロナの重症、重篤で見られる過炎症応答は、コロナウイルスによって引き起こされる免疫応答の調節不全に関連していると考えられているため、学者たちはこの問題を調べ、インフルエンザワクチン接種後に、新型コロナウイルス感染症の症状を悪化させるサイトカインストームの引き金となるものを含む約370の炎症性タンパク質の活性が劇的に低下したことを発見した。
先に米国の研究チームも、インフルエンザの予防接種は新型コロナウイルス感染症の重症化リスクを低減する可能性があると発表した。
関連ニュース

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала