登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

大気汚染が600万件の早産を引き起こす

© Depositphotos / Igor Tishenko大気汚染が600万件の早産を引き起こす
大気汚染が600万件の早産を引き起こす - Sputnik 日本, 1920, 03.10.2021
フォローする
毎年およそ600万件の早産が大気中の有害物質の蓄積によって引き起こされているおそれがある。研究結果が科学誌『PLOS Medicine』に発表された。
米サンフランシスコのカリフォルニア大学の専門家らは、住宅地の空気中にある埃の粒子とびらん性ガスが妊娠中の女性の健康に影響を与えているという問題を調査した。
WHO、大気汚染物質「PM2.5」の許容濃度を半分に=CNN - Sputnik 日本, 1920, 27.09.2021
WHO、大気汚染物質「PM2.5」の許容濃度を半分に=CNN
この研究結果は、大気中のガス状毒素とエアロゾル粒子各10 ナノグラムが赤ん坊の平均体重を約22グラム減少させ、また、早産の確立を12%高めることを示している。さらに、赤ん坊が異常な低体重で生まれてくるリスクを11%も高めている。この結果は約600万人の子どもが毎年早産で生まれ、さらに280万人の赤ん坊が異常な低体重で生まれていることを示している。
世界保健機関(WHO)の今日の評価によれば、毎年、さまざまな有害物質と発がん性物質による大気汚染から約700万人が死亡しているという。
関連ニュース
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
ディスカッション参加
には、承認または登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала