登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

米国 核爆弾の模型の投下試験を実施

© 写真 : Youtube/Phylicia NordykeB61-12
B61-12 - Sputnik 日本, 1920, 07.10.2021
フォローする
米空軍は、試験の一環として模擬の核爆弾を投下した。The Driveの報道によれば、この試験投下はF-35A戦闘機によって、ネバダ州トノパ試験場でB61-12爆弾の試験用模型を使って行われている。
2機のF-35AはB61-12爆弾の試験改良型を試験中に投下した。B61シリーズの新しい弾薬は、 慣性航行システムと新しい尾翼を装備しており、F-15EやF- 16C/Dにも使用することができる。
The Driveによれば、試験の詳細は機密扱いであるものの、 高精度に作られたB61-12爆弾の非核の模型が使用されていたことはわかっている。投下テストは、 爆弾の飛行テストの最終段階として9月の下旬に実施され、 高度と速度を変えて2度行われた。
試験結果は米国防総省と米エネルギー省によって評価され、 各省の専門家は、B61-12とF-35Aが安全要件を満たしていることを確認しなければならない。
関連ニュース
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
ディスカッション参加
には、承認または登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала