ロシアと中国の軍艦 太平洋上で初の合同パトロールを実施

© Sputnik / Ministry of defense of the Russian Federationロシアと中国の軍艦
ロシアと中国の軍艦 - Sputnik 日本, 1920, 23.10.2021
ロシア海軍と中国海軍の軍艦が 10月17日から23日にかけて、西太平洋上で初の合同パトロールを実施した。ロシア国防省が23日に発表した。
同省は、「パトロールの任務とは、ロシアと中国の国旗を示すこと、アジア太平洋地域の平和と安定を維持すること、そして両国の海洋経済活動を守ることだ」と発表。このパトロールで1700海里以上を航行したと明らかにした。
日本海 - Sputnik 日本, 1920, 14.10.2021
露中合同演習、日本海でスタート
ロシア国防省は、今回の紹介活動では、ロシアから10隻と中国から5隻の艦が共同パトロール隊に参加したと明らかにした。
今回は、太平洋海域での哨戒活動の一環として、初めて津軽海峡を通過した。ロシアと中国海軍の乗組員は、共同で戦術的な操縦を練習し、トレーニングをいくつか行った。
関連ニュース
太平洋艦隊の艦船が日本海でミサイル10発を発射
バイデン米大統領の台湾に関する発言 中国外交部が反発
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала