登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

バイデン大統領、人類の存在に対する脅威を指摘

© REUTERS / Elizabeth Frantzバイデン大統領
バイデン大統領 - Sputnik 日本, 1920, 02.11.2021
フォローする
米国のバイデン大統領は、気候変動は人類の存在そのものに対する脅威だと述べた。
バイデン氏は、英グラスゴーで開催の国連気候変動枠組条約第26回締約国会議(COP26)で気候変動について「これは我われの全生涯の挑戦だ。我われが知っているように、人類の存在に対する実存的脅威だ。1日遅れるごとに、怠慢のコストは増加している」と述べた
COP26は、グラスゴーで10月31日に開幕した。会期は11月12日まで。COP26の議長国を務める英国の政府によると、120カ国以上の首脳が参加を確認した。
関連ニュース
WHO G20にパンデミック阻止の2兆6550億円の支援要請
G20首脳会議 2年ぶりの対面ローマで開幕 焦点はエネルギー価格高騰や気候変動対策
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала