登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

米共和党、大統領専用機が排出したCO2量の提示を要求

© AP Photo / Julio CortezКандидат в президенты США Джо Байден с супругой Джилл после финальных дебатов в Нашвилле
Кандидат в президенты США Джо Байден с супругой Джилл после финальных дебатов в Нашвилле - Sputnik 日本, 1920, 03.11.2021
フォローする
米上院議員(共和党)からなるグループは、 英グラスゴーで開催されている国連の気候変動サミット(COP26)に参加するためジョー・バイデン大統領とその代表団の使用した大統領専用機が大気中に排出した酸性ガスの量を算出するよう米会計検査院に要求した。
ジョニー・アーネスト議員(アイオワ州)、トム・コットン議員(アーカンソー州)、シェリー・カピト議員(ウェストバージニア州)らが署名した書簡には、次のように記されている。
COP26の主要な目的の一つは、大気中に排出される酸性ガスの削減量を特定することである。我々は今日ここに要請する。会計検査院はバイデン大統領とその13人の政府高官、および同行職員がこの会議に参加する上で待機中に排出された酸性ガスの総量に関する情報を集め、提示されたし。
国連気候変動枠組条約第26回締約国会議(COP26)は10月31日から11月12日にかけて英グラスゴーで開催されている。このサミットでは、温室効果ガスの削減やカーボンニュートラルの問題解決に向けて一連の条約が採択される。
関連ニュース
バイデン氏が気候変動問題で露大統領を批判、「ツンドラが燃えてるのに何もしない」
COP26 岸田首相 途上国の脱酸素化支援に1億ドル事業 温室効果ガス削減にさらに100億ドル支援
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала