登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください
Художественное изображение молекул ДНК - Sputnik 日本, 1920
新型コロナウイルス
各国の感染対策と成果、感染状況、ワクチンや変異株をめぐる情報など最新のコロナ関連ニュースを網羅

新型コロナ検査の偽陰性 その理由をウイルス学者が説明

© Sputnik / Владимир Астапкович / フォトバンクに移行新型コロナ検査の偽陰性 その理由をウイルス学者が説明
新型コロナ検査の偽陰性 その理由をウイルス学者が説明 - Sputnik 日本, 1920, 23.11.2021
フォローする
ロシアのウイルス学者で医学博士のエレナ・マリンニコワ氏は、新型コロナウイルスの検査について、感染初日から3日間に陽性と出る確率は20%にすぎないことを明かにした。
マリンニコワ氏はその理由について、偽陰性の結果の割合は感染期間に比例すると説明した。
感染初日から3日間に陽性の結果が示されるのはわずか20%だという。
3日目から8日目には検出率が上がるが、それでも80%までしか検出されない。
また20〜21日目やそれ以降は、体内にウイルスがまだ残っているが検査では陰性となる偽陰性の結果が増えるという。
風邪 - Sputnik 日本, 1920, 21.11.2021
新型コロナウイルス
新型コロナ「デルタ株」の亜型の特徴:典型的な症状が出るのは患者の3分の1のみ
マリンニコワ氏によると、現在、新型コロナウイルスを検出するための新たなテストシステムが開発されている。
関連ニュース
マスク着用で新型コロナの感染リスクが53%低下-研究結果
新型コロナウイルスは死産のリスクを高める
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала