米国 原材料、武器の禁輸 新たな対ロシア制裁を提案

© Fotolia / KLimAx Fotoロシアと米国の旗
ロシアと米国の旗 - Sputnik 日本, 1920, 26.01.2022
米国はウクライナ情勢がエスカレートした場合、ロシアに対して新たな制裁をしく提案をしている。制裁内容は原料、兵器の禁輸、外交コンタクトの縮小で、その発動によってロシアが被る経済損失は最高で500億ドル(およそ5兆7000億円)に達すると試算されている。25日、独タブロイド紙のビルトが独自の消息筋からの情報として報じた。
ビルト紙の報道によれば、ベルリンで独に示された米国の制裁計画は米中央情報局(CIA)のウィリアム・バーンズ長官が策定したもの。新たな制裁計画についてアンソニー・ブリンケン米国務長官は西側諸国に通知しており、具体的な制裁内容は「世界中のロシアの貿易ルートの遮断」「ロシアからの原材料の供給の遮断」「供給ルートの遮断」「欧米諸国にあるロシア大使館の職員の大幅削減」となっている。
ロシアは、西側の言う「ロシアの侵略」とはNATOがロシアとの境界線により多くの軍事機器を配備するための前置きとして使われていると、再三にわたって強調してきた。
関連ニュース
ロシアは、NATOによるウクライナ領への漸進的な侵入をこれ以上我慢することはできない=ペスコフ大統領報道官
英国 ウクライナに精鋭部隊を派遣
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала