ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

英国、東欧に展開する追加部隊を

英軍人 - Sputnik 日本, 1920, 30.01.2022
英国はウクライナ周辺を巡る情勢を背景に、東欧のエストニアへ追加部隊を派遣すると発表した。英首相の報道官が明らかにした。
発表によると、英首相はNATOへの最大限の支援を検討しており、同盟国を保護するために追加部隊を派遣予定だ。英国は、部隊の人数を2倍にし、防衛兵器をエストニアに送ることを検討している。NATOの同盟国を保護するために、戦闘機、軍艦、軍事専門家を派遣するという。
また、来週、英国とNATOの代表はブリュッセルで会談し、提案の最終的な詳細について合意する。
現在、エストニアには900人の英国軍人、ウクライナには100人、ポーランドには約150人が駐留している。
ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相 - Sputnik 日本, 1920, 28.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアのラブロフ外相 ウクライナとの戦争の可能性に関する質問に回答 
ここ最近、欧米諸国やウクライナでは、ロシアによるウクライナ侵攻が差し迫っていると囁かれている。一方のロシアはこのような非難を何度となく否定し、どの国に対しても攻撃するつもりはなく、「ロシアのアグレッシブ」はロシア国境にNATOがさらに兵器を配備するための口実として使われていると説明している。
関連ニュース
日本の外務省 ウクライナ情勢から現地日本大使館の体制縮小を検討へ
軍事侵攻をめぐる過熱報道と解釈のズレ 米ウクライナに緊張高まる=米マスコミ
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала