北朝鮮 30日に中距離弾道ミサイル「火星12」の発射実験を実施

© REUTERS / KCNA「火星12」
「火星12」 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
北朝鮮政府は、30日に中距離弾道ミサイルを発射したと発表した。朝鮮中央通信および聯合ニュースが報じた。
朝鮮中央通信などによると、北朝鮮は30日、中距離弾道ミサイル「火星12」の発射実験を行った。兵器システムの正確性を検証する目的で行われたと伝えられている。金正恩総書記は実験に立ち会っていないという。
NHKによると、北朝鮮は「火星12型」について「生産、装備されている」として、実戦配備に入っていることも示唆している。
Американские флаги на фоне Капитолия в Вашингтоне, США - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
北朝鮮ミサイル発射 米、日韓と対応協議へ=米国連大使
また、NHKの指摘によると、北朝鮮が、射程が最大で米グアムにも届く5000キロに達するとみられる「火星12型」を発射したのは、北海道の襟裳岬付近の上空を通過させる形で行った2017年9月以来。
日本の防衛省は30日午前8時、北朝鮮から弾道ミサイルの可能性のあるものが発射されたと発表した。また韓国軍は同日、北朝鮮が慈江道から日本海に向けて弾道ミサイルと思われるものを1発発射したと発表した。韓国軍合同参謀本部は、このミサイルの飛翔距離が約800キロ、高度は約2000キロだったとしている。
1月における北朝鮮のミサイル発射実験は、これで7回目。
関連ニュース
韓国大統領 北朝鮮のミサイル発射は「国連安保決議に違反する行為」
北朝鮮が発射したミサイルの最高速度はマッハ16=聯合ニュース
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала