ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

バイデン氏、ロシアの「ノルドストリーム2」を終わらせると発言

© REUTERS / Elizabeth Frantzバイデン米大統領
バイデン米大統領 - Sputnik 日本, 1920, 08.02.2022
米国のジョー・バイデン大統領とドイツのオーラフ・ショルツ新首相は7日、米ワシントンで会談した。バイデン氏は会談後の共同記者会見で、ウクライナ周辺の状況が悪化した場合、ロシアとドイツを結ぶ天然ガスパイプライン「ノルドストリーム2」を「終わらせる」と表明した。
バイデン氏は「ロシアがウクライナに侵攻した場合、『ノルドストリーム2』は存在しない」と述べた。ガスパイプラインには関係ない米国の大統領がどのようにこの約束を達成するかという質問に対して、同氏は「対応できると約束する」と述べた。また、バイデン氏はヨーロッパへのガス供給が途絶えた場合、米国がその分を補償することができるだろうと主張した。
プーチン大統領 - Sputnik 日本, 1920, 08.02.2022
ウクライナをめぐる情勢
露仏首脳会談開催、安全保障に関するロシアの懸念は無視された=プーチン大統領
ショルツ氏はロシアに対して大規模な制裁を課す可能性があると語り、「準備が整っている。これらは大規模な対策になる。全ての必要な措置を取る。結束して対応する」と述べた。
これより前、ショルツ氏は「ノルドストリーム2」を支持しているが、ロシアとウクライナの間で仮に軍事衝突が起きた場合、同プラントを封鎖する可能性があると報じられていた。
欧米諸国やウクライナ政府で、ロシアがウクライナに侵攻する可能性があるという疑惑が浮上している。ロシア大統領府のペスコフ報道官は、このような情報は空虚で根拠のない緊張を高めるものだと指摘し、ロシアは誰にも脅威を与えていないと強調した。またペスコフ氏は、このような発言を正当化するための挑発行為が起こる可能性を否定しなかった。
関連ニュース
米国 ノルドストリーム2に関するドイツとの合意の詳細を明らかに
独次期首相候補「ノルドストリーム2はドイツに不可欠」
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала