マクロン仏大統領 ウクライナ情勢安定化の期限を指摘

© REUTERS / Pascal Rossignolマクロン仏大統領
マクロン仏大統領 - Sputnik 日本, 1920, 09.02.2022
マクロン仏大統領はウクライナのゼレンスキイ大統領との会談後、仏はウクライナをめぐる情勢の安定化を「数週間内に」達成することに目標を絞ったことを明らかにした。
マクロン仏大統領は昨日7日、モスクワでロシアのプーチン大統領と5時間にわたって会談を行っており、翌日の今日はウクライナの首都キエフに飛ぶと、ゼレンスキー大統領と会談を行った。
Танки Т-72 во время командно-штабных учений Кавказ-2020 на полигоне Раевский в Новороссийске - Sputnik 日本, 1920, 08.02.2022
ウクライナをめぐる情勢悪化
ウクライナがNATOに加盟すれば欧州はロシアとの戦争に突入=プーチン大統領
これより前にマクロン大統領はロシア、ウクライナ両首脳との会談で、両国がいわゆるミンスク合意を順守するという約束を取り付けたことを明らかにしていた。マクロン大統領は、プーチン大統領はウクライナの状況のエスカレートを扇動しないと確約したと述べている。
マクロン大統領は「これ(編集:ミンスク合意の遂行)は共通の願いであり、平和を構築できる唯一の方法であり、政治的な解決法を見つけることのできる唯一の方法だ」と指摘した。
関連ニュース
欧州に平和の道はまだ残されている=仏大統領
豪首相、ウクライナから直ちに出国するよう豪市民に呼びかける
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала