痩せるためには睡眠時間を長く=米国研究チーム

寝不足 - Sputnik 日本, 1920, 10.02.2022
米国の研究チームは実験の過程で、睡眠不足は体重増加につながり、睡眠時間を増やすと痩せられることを発見した。研究論文は学術誌JAMA Internal Medicine で発表されている。
研究チームは肥満の80人を観察。その一部は研究チームの指導で1日の睡眠時間を6時間半から8時間半に変更し、対照群の参加者は実験期間をとおして睡眠時間を変えなかった。その結果、睡眠時間を増やした参加者は1日のカロリー摂取量が平均270キロカロリー減り、中には500キロカロリー減ったケースもあった。
ソーセージ - Sputnik 日本, 1920, 23.08.2021
寿命を縮める食品が明らかに
研究チームは、睡眠不足は食欲を増進させるホルモンのグレリンを増産させ、一方で食欲を抑制するレプチンの生産が不十分になることを突き止めた。睡眠時間を7-8時間まで増やすと、飢えと満腹のホルモンバランスは正常化し、食べる量が少なくなり、食事療法や運動をしなくとも徐々に余分な体重が落ちるという。研究では、この方法で3年間で約12キロの減量が可能になることが示された。
スプートニク通信では以前、早い時間の朝食がダイエットを促進するという日本の研究について取り上げた。
関連ニュース
脳を11歳も老化させる食品とは
コロナ下で体重はどうなる? 医師が解説
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала