日本 南クリル諸島をめぐる米国の姿勢を歓迎=林外相

© AP Photo / Shizuo Kambayashi林外相
林外相 - Sputnik 日本, 1920, 10.02.2022
日本の林芳正外相は10日の定例記者会見で、ラーム・エマニュエル駐日米大使が米政権は「北方領土(南クリル諸島)」の問題で日本政府を支持するとツイッターに投稿したことについて、日本の立場への支持を表明したものとして歓迎していると述べた。その一方で、米国が島をめぐる日本の立場を支持することで、日本をロシアとの戦争に参加させようとしているのではないかという記者の質問には直接的な回答を避けた。
会見では記者が、南クリル諸島をめぐるエマニュエル駐日米大使の発言が「ウクライナ危機におけるロシアとの戦争に日本を参加させるためのインセンティブ」にあたるものであるのかどうかと質問。それに対し林外相は、「北方四島は我が国が主権を有する島々であり、政府として領土問題を解決して平和条約を締結するという基本方針の下、引き続き粘り強く交渉してまいりたい。エマニュエル大使の発信は、こうした日本側の立場への支持を表明したものとして歓迎している」と述べた。
露外務省 - Sputnik 日本, 1920, 10.02.2022
英国はロシアとの対話の調子変えるべき=露外務省
林外相は記者の質問に対して直接的には答えなかったものの、日本はウクライナ情勢について、米国や他のG7諸国と協力を続けていくと述べた。
エマニュエル駐日米大使の発言についてロシア外務省のマリア・ザハロワ報道官は、米国は日本の領有権の主張をロシアに対して人為的に行うことで、両国が本格的かつ将来的な協力関係を築くことを抑止しようとしているとのコメントを発表した。
関連ニュース
日本カナダ首脳電話会談 ウクライナ情勢で連携を確認
欧州に平和の道はまだ残されている=仏大統領
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала