- Sputnik 日本, 1920, 19.10.2021
フィギュア特集

IOC、ワリエワの側近の行動に対する調査を歓迎

© Sputnik / Alexey Filippov / フォトバンクに移行ワリエワとコーチ陣
ワリエワとコーチ陣 - Sputnik 日本, 1920, 12.02.2022
国際オリンピック委員会(IOC)は、ロシアのフィギュアスケート選手、カミラ・ワリエワ(15)のドーピング検査が陽性となったと発表されたことを受け、ワリエワの側近に対する調査の開始を歓迎するとした。IOCのマーク・アダムス広報部長が発表した。
ロシア反ドーピング機関(RUSADA)は、ワリエワに関わるスタッフに対する調査を開始した。
国際検査機関(ITA)は11日、2021年12月25日のロシア選手権でワリエワが受けたドーピング検査アでトリメタジジンの陽性反応が出たことを確認した。この結果は、2月8日にストックホルムにある世界ドーピング防止機構(WADA)公認研究所に送られた。WADAによると、15歳のワリエワは「保護対象者」であり、こうした場合はワリエワの側近の行動に特別な注意が向けられる。
Олимпиада-2022. Тренировка фигуристки К. Валиевой - Sputnik 日本, 1920, 11.02.2022
フィギュア特集
新記録、金メダル、そして…ドーピング 北京冬季五輪のワリエワをめぐる状況の事実のみ
IOCのアダムス広報部長は、「このような場合は、選手の側近に対する調査を歓迎する。WADAはこれについて十分な権限を持っており、調査部門がある。我々は選手だけでなく、その側近の行動の調査も進める。側近の行動を調査するにあたり、非常に厳しい立場をとる」と述べた。
関連ニュース
スポーツ仲裁裁判所、IOCとWADAの異議申し立てを受理 ワリエワの暫定資格停止処分解除をめぐり
ワリエワはトレーニングを開始 IOCはフィギュア団体戦の結果見直しを否定せず
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала