岸田首相 プーチン大統領と電話会談 ウクライナ情勢で外交の重要性を強調

© AP Photo / Eugene HoshikoПремьер-министр Японии Фумио Кисида
Премьер-министр Японии Фумио Кисида - Sputnik 日本, 1920, 17.02.2022
岸田首相は日本時間で17日深夜にロシアのプーチン大統領と電話会談を実施し、ウクライナ情勢の緊張緩和における外交努力の重要性を訴えた。
岸田首相は会談を総括した記者会見で、プーチン大統領は(ウクライナ情勢に関する)ロシアの立場を説明し、自分からは問題解決のために外交努力の必要性を強調したと語った。
会談に先立ち、岸田首相は自民党の岸田派会合で日本もウクライナをめぐる緊張緩和のための尽力に外交路線で加わるという見解を表していた。

ロシアは、所謂「ロシアによるウクライナ情勢悪化計画」を断固として否定しており、ロシアは誰のことも脅かしておらず、そのような声明はすべて、ロシアの国境近くにNATOの軍事装備をさらに配備するための口実として使われていると何度も繰り返している。
ペスコフ報道官(アーカイブ写真) - Sputnik 日本, 1920, 17.02.2022
ウクライナをめぐる情勢
露大統領府、露日首相電話会談では二国間関係に重点が置かれることに期待
以前ロシアのラブロフ外相は、ロシアはウクライナをめぐる紛争状況のためにいかなる口実も作っていないと述べた。ラブロフ外相は、西側が起こしたウクライナをめぐるヒステリーの目的が、ドンバスに関するミンスク合意をひそかに妨害するというウクライナの路線のカモフラージュである可能性をロシアは除外していないと指摘している。
関連ニュース
ウクライナ軍、ルガンスク人民共和国の5つの居住区を砲撃 ミンスク合意で禁止されている武器使用
わが国も外交手段を通じて緊張緩和へ努力しなければならない=岸田首相 ウクライナ情勢めぐり
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала