ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

ミンスク合意はもう存在しない プーチン大統領

© Sputnik / Sergey Guneev / フォトバンクに移行プーチン大統領
プーチン大統領 - Sputnik 日本, 1920, 23.02.2022
22日の記者会見でプーチン大統領は、「ロシアは終始ミンスク合意の実現に関心を払ってきた。なぜなら合意文書は譲り合いの結果だったからだ」と語った。プーチン大統領は、ミンスク合意はこの先は存在しないと補足した。
プーチン大統領は、ミンスク合意はロシアがドネツク人民共和国とルガンスク人民共和国を承認するよりもはるかに前にウクライナによって「抹殺されていた」と指摘した。プーチン大統領は、合意を抹殺に追い込んだのは「我々ではない、これらの共和国の代表らではない。現行のウクライナ政権だ」と語った。
「もちろん、今やミンスク合意は存在しない。これら(編集注:ドネツクおよびルガンスク両人民共和国)の独立を我々が承認した以上、なんの合意を遂行するというのか」プーチン大統領はこう述べた。
ロシア軍 - Sputnik 日本, 1920, 23.02.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシア上院 ドンバス情勢で国外へのロシア軍派兵に同意
プーチン大統領はさらに、ロシアが承認したドネツク人民共和国とルガンスク人民共和国とは、両共和国の各憲法が示す境界線におけるものであることを強調し、「その憲法には、(両共和国が)ウクライナの構成体であった当時の、ドネツク州、ルガンスク州の境界線が記載されている」と指摘した。
ロシアのプーチン大統領はモスクワ時間の21日22時半過ぎ(日本時間22日午前4時半過ぎ)、ドネツク人民共和国およびルガンスク人民共和国を承認する必要性を明らかにした。
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала