ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

ホワイトハウス、核兵器の使用準備レベルを引き上げる根拠は現時点で確認できず

© Sputnik / Mikhail Turgiev / フォトバンクに移行ホワイトハウス
ホワイトハウス - Sputnik 日本, 1920, 01.03.2022
米国は自らが保有する核兵器の使用準備レベルを引き上げる根拠を現時点で確認しておらず、ウラジーミル・プーチン大統領が抑止力部隊に向けて発令した特別警戒態勢について評価を継続している。ホワイトハウスのジェン・サキ報道官が表明した。
サキ報道官はプーチン大統領が発令した特別警戒態勢を評価している段階で、米国が核兵器の使用準備レベルを変更する根拠はないとしている。また、米国および北大西洋条約機構(NATO)のどちらもロシアとの衝突は望まないと強調した。
バイデン大統領 - Sputnik 日本, 1920, 01.03.2022
ウクライナをめぐる情勢
バイデン大統領、核戦争の可能性を否定
続けてサキ報道官は、ロシアと米国の関係が更に緊張していた時代においても核兵器について言及することは危険だという認識があったとも指摘した。

ここで理解すべきことは、ロシア、及びプーチン大統領との関係がより悪化していた時代でさえ、核兵器使用の文脈で緊張を悪化させるようなレトリックは危険であるという認識があったことだ。

サキ報道官によると、核の脅威の文脈においては誤算のリスクも考慮に入れる必要があるという。その上で合衆国側は、緊張とレトリックの緩和に向けて努力していると説明した。
なお、プーチン大統領とバイデン大統領が直接会談する可能性は除外されていないものの、「今が最も適切な時期とは言えない」とサキ報道官は発言した。また、ウクライナ情勢が緊張緩和へと向かう場合、米国は対露制裁の緩和を議論する用意があるとも譲歩した。
Президент Украины Владимир Зеленский - Sputnik 日本, 1920, 01.03.2022
ウクライナをめぐる情勢
露宇の停戦交渉終了、ウクライナに必要な結果は得られず=ゼレンスキー大統領
ロシアのプーチン大統領は、24日午前のテレビ演説で、ドンバスの共和国の指導者の訴えを受け、「8年間ウクライナ政権による虐待、ジェノサイトにさらされてきた」人々を守るため、特殊軍事作戦を実行することを決定したと述べた。プーチン大統領は、ロシア政府の計画には「ウクライナの領土の占領は含まれていない」と強調した。
ロシア国防省は24日、ロシア軍はウクライナの都市に砲撃や空爆を行っておらず、軍事インフラを精密兵器で攻撃していると発表した。 同省は、「ウクライナ軍の軍事インフラ、防空施設、軍事飛行場、ウクライナ陸軍航空隊が高度な精密兵器で使用不能となっている」と発表。 また同省は、一般市民を全く脅かしていないと断言した。
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала