ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

ロシア軍 ウクライナ民族主義者の主要組織を殲滅

© Sputnik / Maxim Zakharov / フォトバンクに移行ロシア軍 ウクライナ民族主義者の主要組織を殲滅
ロシア軍 ウクライナ民族主義者の主要組織を殲滅 - Sputnik 日本, 1920, 04.03.2022
ロシア国防省はウクライナの民族主義者の主要組織は包囲され、殲滅されたことを明らかにした。ロシア国防省によれば、ウクライナの主要な民族主義組織がロシア軍に包囲、殲滅されたため、西側諸国は戦闘行為の行われている地区へ、民間軍事会社と契約した傭兵の派遣を増員した。
ロシア国防省の発表によれば、ウクライナ入りした外国人傭兵らは妨害工作、ロシアの軍機の車列への攻撃、資金調達を行っているほか、ウクライナの航空隊を防衛している。
ロシア国防省は、外国人傭兵の攻撃は、米国製の対戦車ミサイル「ジェベリン」、英国製の携帯型対戦車ミサイルNLAW、米国製の携帯用対防空ミサイル「スティンガー」など全て西側諸国がウクライナ政権に供給した兵器によって行われており、それを使用するためには本格的な訓練が必要だと指摘している。
プーチン大統領 マクロン仏大統領と電話会談 露大統領府 - Sputnik 日本, 1920, 03.03.2022
ウクライナをめぐる情勢
プーチン大統領 マクロン仏大統領と電話会談 露大統領府
ロシア国防省はさらに、米国の軍事諜報部によって民間軍事会社の契約戦闘員を集め、ウクライナに派遣する大規模な扇動キャンペーンが展開されていると補足している。
関連ニュース
ウクライナにおける特殊作戦の目的 展開が望ましくない兵器を明確化
米国が露国連職員12人を国外追放、露米関係はさらに悪化へ=露外務省
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала