ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

トルコを交えたロシア、ウクライナ交渉:ロシアからの5つの主張

© Sputnik / Alexey Kudenko / フォトバンクに移行アンタルヤでの交渉でロシアとウクライナは何を話し合ったか:ロシアの5つの主張
アンタルヤでの交渉でロシアとウクライナは何を話し合ったか:ロシアの5つの主張 - Sputnik 日本, 1920, 10.03.2022
10日、トルコの都市アンタルヤで、ロシアとウクライナ、トルコの3カ国外相が交渉を行った。特殊軍事作戦の開始後、ハイレベルでの会談はロシア政府およびウクライナ政府にとって今回がはじめてとなった。交渉を受け、ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相は、一連の発言を行った。
1.他国への攻撃について:「私たちは他国への攻撃を計画していない。私たちはウクライナを攻撃していない。私たちは何度も説明したが、ウクライナでは、ロシアの安全を直接的に脅かす状況が生まれていた」
2.ロシアに対する制裁の実施について:「米国は、トルコやインド、エジプト、東南アジア各国、そして中国にさえ、米国の違法で一方的な制裁の実施を求めていることを隠していない」
「私はあなたに断言します。私たちはやり遂げます。必ずやり遂げます。しかし、私たちの国民にとって決定的な意味をもつ暮らしの分野で、いかなる形にせよ、これ以上西側諸国に頼らないようにするためにあらゆることを行います」
ウクライナにおける特殊作戦の目的 展開が望ましくない兵器を明確化 - Sputnik 日本, 1920, 03.03.2022
ウクライナをめぐる情勢
ウクライナにおける特殊作戦の目的 展開が望ましくない兵器を明確化
3.核戦争が始まる可能性について:「核戦争がはじまるおそれがあることを、私は信じていないし、信じたくもありません。NATO加盟国の首脳の頭にはいつもあるようですが、私たちはこの件について話したことは一度もありません。もちろん、フロイト派の西側が常にこのテーマ(核兵器の使用と第3次世界大戦の勃発)に回帰し続けるのは憂慮すべきことです」
4.ウクライナ領内でのロシアによる人々の拉致について:「あなたはこれは事実だと述べたが、私は、このことは大部分が「F」の文字ではじまる別の言葉であると思います。放送はフェイク情報に溢れ、全体として、インターネットとメディアも完全にそうなっています」
右派セクター本部で情報とNATOのマーク入りのノートパソコンを発見 - Sputnik 日本, 1920, 07.03.2022
ウクライナをめぐる情勢
右派セクター本部で情報とNATOのマーク入りのノートパソコンを発見
5.特殊軍事作戦の意義について:「ウクライナでの状況、これは、ロシアが世界の政治地図に存在する権利をかけた闘いです」
関連ニュース
露下院 米国のウクライナ領内での生物学研究所を国連、欧州評議会、欧州安全保障協力機構へ調査要請へ
ウクライナはロシアの提案に具体的に回答することを約束していた=ラブロフ外相
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала