ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

米記者銃殺のキエフ郊外イルペニはウクライナ軍の統制下にある 露国連大使

© REUTERS / Press Service of the Ukrainian Air Assault Forces米記者銃殺のキエフ郊外イルペニはウクライナ軍の統制下にある 露国連大使
米記者銃殺のキエフ郊外イルペニはウクライナ軍の統制下にある 露国連大使 - Sputnik 日本, 1920, 15.03.2022
ロシアのネベンジャ国連大使は、米ジャーナリストのブレント・ルノー氏が銃撃され、死亡したキエフ郊外のイルペニは、ウクライナ軍の完全な統制下にある事実を明らかにした。これより前、国連安保理の会合で米国のリチャード・ミルス国連大使はルノー氏がロシア軍の攻撃により殺害されたと非難声明を表していた。
「米国の国連大使は、(編集:キエフ郊外の)イルペニでのブレント・ルノー記者の死はロシア軍の攻撃によるものだと言った。紛争でのいかなる死も我々は遺憾に思う。だが2つの点を明確にしたい。第一に、彼は記者ではない。これはニューヨークタイムズが直ちに否定した。そしてインターネット上で流れている情報では、彼の本業はジャーナリズムでも映画製作でもない。これはパブリックドメインだ」ネベンジャ露大使はこう指摘した。
ネベンジャ大使はさらに「第二に、イルペニはウクライナ軍とウクライナ領域防衛軍の部隊の完全なる統制下におかれている。ルノー氏の生き残ったの同僚の発言から判断すると、彼らの車に銃撃したのはウクライナ軍だ」と指摘した。
関連ニュース
日立 ロシアにおける事業停止
資生堂、ロシア向け出荷停止
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала